法人税関係法令の改正について ・・・ 平成16年度

リストマーク欠損金の繰越控除期間が延長されました。
リストマーク機械等の特別償却制度の適用期限が延長されました。
リストマーク帳簿書類の保存期間が延長されました。
リストマークその他

リストマーク欠損金の繰越控除期間が延長されました。

青色申告書を提出している法人の、平成13年4月1日以後に開始する事業年度における欠損金について、繰越控除の期間が7年(改正前5年)に延長されました。

なお、災害により生じた損失で一定のものについても、7年間の繰越控除が認められています。また、その他の繰越欠損金制度などについても改正されました。


リストマーク機械等の特別償却制度の適用期限が延長されました。

青色申告書を提出する中小企業者等が、平成10年6月1日から平成18年3月31日(改正前平成16年3月31日)までの間に、特定機械装置等を取得し、事業の用に供した場合は、30%の特別償却が認められています。

特定機械装置等とは、(1)取得価額が160万円以上の機械及び装置、(2)取得価額が120万円以上の電子計算機、デジタル複写機、ファクシミリ、デジタル電話設備、電子ファイリング設備、ICカード利用設備、冷暖房機器等、(3)車両総重量3.5t以上の貨物自動車、(4)内航船舶等をいいます。

なお、中小企業者が機械等を取得した場合、税額控除制度も設けられています。

その他の特別償却制度および時価評価が行われた場合の減価償却制度などについても改正されました。


リストマーク帳簿書類の保存期間が延長されました。

すべての法人について、帳簿、決算関係書類、証憑書類の保存期間が7年(改正前一部について5年)に延長されました。


リストマークその他

準備金制度、資産譲渡の場合の課税の特例制度などが改正されています。

また、適用期限の到来により、連結法人の法人税率の特例(上乗せ税率)が廃止となりました。



※平成16年4月からの法人税関係法令改正点について、主なものをごく簡単に記載しました。実際の適用要件や詳細、その他の改正点については、所轄の税務署、国税局や弊事務所までお問い合わせください。

トップページへ ジャンプ 直前のページへ
トップ > あれこれ > 平成16年法人税関係法令の改正について